レーシックで失敗しないために

kurar0788.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

レーシックの流れについて

レーシックの施術の流れはどのようになっているのかというと、まずはレーシック執刀をする前には事前の健康診断があります。この集団検診で課題がなければレーシック施術を受ける事ができるようになります。そしていよいよレーシック施術ですが、まずは点眼によって麻酔をして眼を綺麗にします。そして機械を使ってフラップと呼ばれる角膜の層を削ってはがします。そしてレーシックでレーザーを当てて角膜の形を正しく規正するのですが、レーシックのオペレーションの途中にもしも目が動いてしまったとしてもちゃんとPCによって指揮されてレーザーが別の一部に当たる事はありません。

レーシックの施術でレーザーが実質にあたっているのは数10秒くらいですからそのあとは下げ翼を元に戻して目を洗浄して完了という動向になっています。レーシック施術の風潮はこのようになっていますがはがした角膜は自然にくっつくので本当にレーシックの執刀は早く、15分から20分水準で終わってしまいます。レーシック執刀の動向を見てもらったらわかるように、日帰りでも十分施術が受けられるようなものですから仕事帰りや作業を午前中だけ休んでも十分レーシックは受ける事ができます。
[PR]
by zqfe8zhb | 2011-05-22 06:25 | レーシック
line

レーシックで失敗しないために勉強しておきましょう。


by zqfe8zhb
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite